アトリエ

手仕事の多いモノを作る現場

Date:
January 15, 2020
/ カテゴリー:
アトリエ



アトリエの風景で何より目を引くのは職人さんの手です。その手から大事に丁寧に作り出されるモノを身に着けて結婚式を迎える。いつの時代であっても、真心こめて作られたモノを身にまとう行為は大切にしたいものです。

インターネットを使って全国の花嫁様に商品を手に取って頂ける機会が格段に増えた事は、作り手にとってうれしい事です。やはり自分達が製作に携わったモノが、誰かの幸せな時間のお手伝いをしていると思えると、気持ちも明るくなるものです。そのモノ本来の魅力を伝えられる様心掛け、「買ってよかった」を広めていきたいです。

気に入って頂けたお品物があれば、ぜひ手に取ってみてください。

#メイドインジャパン
#日本の手仕事
#アトリエ風景
#モノづくりの現場
#オーダーメイド
#オートクチュールドレス
#プレ花嫁
#日本の花嫁
#結婚式
#日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい
#ドレス迷子
#サイズ合わない
#お困り 花嫁
#駆け込み
#オーダーメイドウエディングドレス
#オーダーメイドドレス
#ヴィーヴラマリエ

「ヴィーヴラマリエのサイズオーダー=綺麗に着こなして頂けるように、お客様のサイズに合わせ、パターン(型紙)を引き、仮縫い工程を経てドレスを作っております。身に合ったドレスは軽るく感じれてストレスフリー、バストの位置も高く定まりハイウエストになり、自然と正しい姿勢に導かれるので若々しい印象で、着用時の表情も自然に優しくなります。」

手仕事の多いモノを作る現場

Date:
July 2, 2016
/ カテゴリー:
アトリエ

アトリエの風景で何より目を引くのは職人さんの手です。その手から大事に丁寧に作り出されるモノを身に着けて結婚式を迎える。いつの時代であっても、真心こめて作られたモノを身にまとう行為は大切にしたいものです。

インターネットを使って全国の花嫁様に商品を手に取って頂ける機会が格段に増えた事は、作り手にとってうれしい事です。やはり自分達が製作に携わったモノが、誰かの幸せな時間のお手伝いをしていると思えると、気持ちも明るくなるものです。そのモノ本来の魅力を伝えられる様心掛け、「買ってよかった」を広めていきたいです。

気に入って頂けたお品物があれば、ぜひ手に取ってみてください。

アトリエは高島にあるのです

Date:
July 2, 2016
/ カテゴリー:
アトリエ

毎日暑いですが、皆さんいかがお過ごしですか?

ドレスをお作りしているアトリエは滋賀県の琵琶湖の西にある”高島”という所にあります。

とても緑豊かで、お水がきれいです。 川には魚やサワガニ、ザリガニなんかもいて森にはせみやカブトムシなどの昆虫がいて、田畑にはカエルがいるので、夜はカエルの鳴き声が響いています♪♪♪

昼間は琵琶湖のあちこちで海水浴やキャンプなどでバーべキューをされている方が多くて、至るところから美味しそうな香りや楽しそうな声がしています!

他にも、山登りをされたり、川遊びをされていたり、とにかく自然に触れる場所がたくさんあって、それぞれが夏を楽しんでいる雰囲気が良いです!!!

そして夜になると、琵琶湖のあちこちで花火大会もあるので、

夜まで楽しめます☆

年々夏の気温は高くはなっていますが、高島の夜は夜風が気持ちいいことが多く星もきれいで、のんびりできて良いところだなぁと思います。

みなさんはもう夏のご予定は決まりましたか?

滋賀県へ一度お越しくださいと言いつつも、Vive la mariee!はお盆休み以外は、変わらず営業していますので、お待ち申しております ゚+..。*゚+

コツ

Date:
June 29, 2016
/ カテゴリー:
アトリエ

ベーシックな定番ベール、パイピングベール。

フェイスアップベールの周りを一周サテンテープで巻いたものです。

ミシンに専用のアタッチメントをつけて縫います。

初心者でも作れるのですが、このパイピングがねじれてしまったり、チュールがたるんだりします。

これくらい綺麗に仕上げるのは相当の熟練を要します。

職人さんに聞いてみました。

いわく、コツだそうです。

ミシンの流れに逆らわず、無理がなく縫う、とのこと。

シンガーミシン

Date:
June 29, 2016
/ カテゴリー:
アトリエ

少し前は工業用ミシンといえばシンガーミシンがトップブランドでした。

ヴィーヴ・ラ・マリエ!のアトリエでも現役で活躍しています。

残念なことに2000年に日本のTHE SINGER COMPANYは、米国シンガー社倒産の影響で解散してしまいました。

現在でも家庭用ミシンでシンガーブランドが残っていますが、これは別の会社がライセンスを引き継いだものです。

アトリエのシンガーミシンは壊れて修理の難しい場合、今度はJUKI製のミシンに置き換わってゆきます。

長年ウェディングドレスを作り続けてきてくれたシンガーミシン。

いつの日かアトリエからが消える日が来るのでしょうか。

時代の流れですが寂しいですね。